chapup-チャップアップ 使用上の注意

【ゴミの分別】チャップアップの使用済み容器の捨て方は?空容器は可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源ゴミどれなのか検証!

チャップアップの使用済み空き容器の捨て方(ゴミの分別方法)は、どうしても避けられない通り道。

それほど嵩張る(かさばる)ことはないので、こまめに捨てる必要もありませんが、いずれは処分しなければいけませんよね。

もし、チャップアップの空き容器が、不燃ゴミ扱いだとしたら、捨てられる日は月に2回くらいしかないないので、確認しておく必要があります。

結論からいうと、チャップアップの空き容器は、「自治体(都、道、府県、市、町、村)の地域によって違いがあります。

チャップアップの容器は、プラスチック製容器包装ですので、不燃ゴミ扱いになる地域はあまりないでしょう。

ですので、チャップアップの容器は、「資源ゴミ」もしくは「可燃ゴミ」に分別されので、通常のゴミと一緒にまとめて捨てることが可能です。

▶︎[公式]CHAP UPの購入はこちら↗︎

チャップアップの空き容器を捨てる場合の注意点について、詳しく解説していきます。

 

お住い地域のごみ分別一覧でチャップアップ(育毛剤)を確認する

ゴミを捨てられる曜日や回数は、住んでいる地域によって違いがあります。

捨てられる曜日も違いますし、

  • 燃えるゴミ
  • 燃えないゴミ
  • 資源ごみ
  • プラスチック製容器包装

というように、地域によって種類も違ってきます。

ゴミの分別が簡単だった地域から、細かい地域に引っ越した場合、慣れるまですごく大変です。

場合によっては、ご近所トラブルになりかねませんので、しっかりゴミを分別しなくてはいけません。

チャップアップの空き容器は、プラスチック製容器包装(「プラ」記号のマークがある)ですので、地域によっては「プラスチック製容器包装のみを捨てる日」があります。

 

チャップアップの容器はプラスチック製容器包装

プラスチック製容器包装は、製品の裏あたりに「プラ」と書かれたマークが記載されています。

チャップアップの容器にも、「プラスチック製容器包装のマーク」の表記があります。

 

チャップアップ容器の裏面

プラスチック製容器包装マーク

プラ(プラスチック製容器包装)のマーク

お住まいの地域によって、「プラスチック製容器包装だけをまとめて捨てる地域」もあるので、間違って「可燃ゴミ」や「資源ゴミ」に捨てないよう注意が必要です。

では、「なぜプラスチック製のハンガーやお弁当箱などと同じなのに、なぜ捨て方が違うのか?」気になりますよね。

それは、「プラスチック製容器包装の場合、製品を作っている、または売っている事業者がリサイクル費用を負担している」からなんです。

チャップアップの販売会社「ソーシャルテック」は、使った後のリサイクルまでしっかり対応しているので、環境対策にも力を入れています。

一方、プラスチック製容器包装以外のものは、リサイクル費用を負担するところが法律で決まっていないのが現状です。

近い将来、全部のプラスチック商品が、リサイクル費用を負担できるようになることが、環境的にも理想的と言えるでしょう。

▶︎[公式]CHAP UPの購入はこちら↗︎

 

可燃ゴミ(燃えるゴミ)の場合

一般にいう「燃えるゴミ」のことです。

お住いの地域のごみ分別一覧に、育毛剤が可燃ごみと指定されているのであれば、チャップアップの空き容器は「燃えるゴミの日」に一緒に捨てることが可能です。

再資源化できるプラスチックも、燃えるゴミとして扱う地域もあり、チャップアップの容器も一緒に捨てるようになっています。

可燃ゴミでも、「燃えた後の熱を利用」または「発電」などに再利用されることもあるようです。

 

資源ごみ(ペットボトルなど)の場合

一般に「再資源化が可能」なゴミのことです。

例えば、「牛乳パック」、「新聞」、「チラシ」、「本や雑誌」、「段ボール」などの紙類です。

買った本の裏に、再生紙を利用しているマークなどがあると、「再資源化されたもの」が使われています。

チャップアップの場合は、プラスチック製容器包装で再商品化事業者が、新たにプラスチック製品(再生樹脂や荷物を運んだり保管するためのパレットなど)に使われているんです。

 

なぜ地域によってチャップアップ(育毛剤)のゴミ分別が違うのか?

そもそも、どうして、地域によってゴミの分別に差があるのでしょうか?

細かくいうと、自治体(都、道、府県、市、町、村)によって違いますし、ごみを焼却するための施設設備も異なります。

ゴミ処理の設備がよければ、プラスチック製品を燃やしたとしても、環境に悪影響のあるもの(ダイオキシンなど)がほとんど出ません。

自治体によって財政状況や複雑な環境問題もあるので、焼却施設をすぐに新しくできないのも原因のひとつと言えます。

他にも、「自治体によってリサイクルするものが違う」という要因も考えられます。

リサイクルするものが違うので、当然ゴミを分別するものが違ってくるんですよね。

こういった問題を解決するのが難しいことから、「現状で各自治体で定められたごみの分別をきちんとする必要がある」ということです。

>>CHAP UP公式サイト

-chapup-チャップアップ, 使用上の注意

© 2020 ハゲ茶瓶にならないための育毛生活。