chapup-チャップアップ 使用上の注意

チャップアップは妊娠中でも使える?授乳中ならOK?使用しない方がいい場合について解説!

 

妊娠中や授乳中の女性の体は、ホルモンバランスが崩れて抜け毛が多くなったり、円形脱毛症になったりすることもあります。

抜け毛の原因がわかっているからといって、改善されるかどうかもわからないし、不安になってしまいますよね。

チャップアップは、妊娠中や授乳中でも使って問題ないということですが、公式サイトには「できれば使わない方がいい」と記載されています。

妊娠中や授乳中でもご使用いただいて問題はございませんが、妊娠中、授乳中はお体の状態も普段とは違います。

大切な時期ですので、念のためかかりつけの医師にご相談された上でご使用ください。

チャップアップ公式サイトより引用

抜け毛や薄毛は、一時的なものかもしれないので、時期が来ればもとに戻る可能性もありますから、しばらく様子をみて使用するのは控えた方が良さそうです。

なによりも、生まれてくる赤ちゃんに影響がないようにしないいけません。

どうしても気になって仕方ないのであれば、専門医療機関で相談してからチャップアップを使用するかどうか判断しましょう。

他にも、チャップアップを使わない方がいい場合ついて、詳しく説明していきますね。

 

チャップアップを使わない方がいいケース

こんな時は、チャップアップの使用を控えよう!

 

チャップアップは、医薬部外品だから副作用が起きにくい育毛剤として有名です。

医薬部外品は、医薬品と化粧品の間に位置してて、人体に及ぼす影響が緩やかなものだから、副作用が起きにくいとされてる。

男女兼用ですし、基本的に誰でも使うことができますが、使わない方がいい場合もあるので、詳しく解説していきます。

 

妊娠中・授乳中の人

 

冒頭でもお話ししたように、妊娠中・授乳中の方でも、基本的にチャップアップを使っても大丈夫ですが、妊娠中・授乳中はホルモンバランスの乱れ(体の状態が普段と違う)から、一時的に抜け毛や薄毛になっている可能性も考えられます。

子育てが初めてなら、いろんなストレスを抱える時期でもあるので、抜け毛や薄毛の原因になっているかもしれません。

できれば、妊娠中・授乳中の時期は、チャップアップを使わずに様子をみる方がいいと思います。

なにより大切なのは、「お子さんに何の影響もないようにすること」が大切です。

 

頭皮に何らかの問題がある場合

 

男女年齢問わず、頭皮に下記のような症状がある場合は、使用を中止しましょう。

  • チャップアップを使う前に頭皮の状態をチェックして、傷やはれもの、湿しん、かぶれ。ただれなどがある場合は使用しない。
  • チャップアップを使用している時に、頭皮に赤み、はれ、かゆみなどの異常があらわれた場合は使用を中止する。
  • チャップアップを使用した後、頭皮に直射日光があたって赤み、はれ、かゆみなど異常があらわれた場合は使用を中止する。

 

成長期の小・中学生(高校生)

チャップアップは、基本的に年齢制限はありません。

お子さんでもチャップアップを使っても問題ないと言われていますが、小・中学生以下は成長期なので使用しないようにしましょう。

ですが、高校生も小・中学生と同様に成長期だと思うので、使用するなら18歳以上がいいですね。

どうしても抜け毛や薄毛が気になって、チャップアップを使いたい場合は、専門医師に相談してから使うようにして下さい。

>>CHAP UP公式サイト

-chapup-チャップアップ, 使用上の注意

© 2020 ハゲ茶瓶にならないための育毛生活。