chapup-チャップアップ レビュー(口コミ)

【復活】チャップアップがつむじハゲに効果があるか検証|薄毛になる原因と改善方法など詳しく解説!

旋毛(つむじ)は、頭頂部に渦を巻いているような部分のことです。

つむじハゲは、つむじ(渦を巻いている部分)の周りが薄くなっていく症状で、「O字型ハゲ」とも言われています。

「M字ハゲ」や「U字ハゲ」と違い、自分でなかなか気づかないことも多く、症状が進行してから分かることも多いです。

つむじハゲとM字ハゲで行う対策は違ってきますか?
いいえ、「つむじハゲ、M字ハゲ、U字ハゲ、O字ハゲ」どの場合でも、改善するための対策は同じです。

ですので、つむじハゲの「原因」や「進行度合い」にもよりますが、完全にハゲてしまっていないのであれば、チャップアップを使ってつむじハゲが改善する可能性は十分に期待出来ます

私は、つむじハゲの進行が比較的初期の段階でしたので、チャップアップを使って改善できました。

▶︎[公式]CHAP UPの購入はこちら↗︎

チャップアップは医薬部外品ですので、副作用の心配もほとんどなく使用することが可能です。

医薬部外品は、医薬品と化粧品のちょうど間に位置するもので、人体に及ぼす影響が緩やかなものです。

 

つむじハゲになる原因とは

つむじハゲになってしまう原因は、

  • AGA(男性型脱毛症)
  • 遺伝
  • 生活習慣(食生活の乱れ、睡眠不足など)
  • 過度なストレス

といったことが考えられます。

「生活習慣」や「ストレス」が原因であれば、チャップアップを長期的に継続利用することで、つむじハゲを改善できる可能性はあります。

規則正しい生活を心がけ、ストレスをためないようにすることが大切ですね。

もし、「AGA(男性型脱毛症)」や「遺伝」が原因だとすると、つむじハゲを完治させることは難しいです。

ですが、チャップアップを使用することで「つむじハゲの進行を抑制する」ことは可能ですので、AGA治療薬などと併用するのが良いでしょう。

つむじハゲの原因が何であれ、チャップアップを使うのは良いってことですね!
そうです。チャップアップを使うことで、進行を遅らせたり、現状維持させることが期待できます。

何もせずに諦めたら、つむじハゲはどんどん進行してしまいますので、1日も早くチャップアップを使って対策するのがおすすめです。

 

つむじハゲに効果的なチャップアップの使い方

髪の毛は、体内で取り入れた栄養素を血液から補給しています。

もし、頭皮の血流が悪いと、もっとも遠い「つむじ付近」まで、栄養が行き渡っていない可能性が考えられます。

ですので、チャップアップを使用し、頭皮の血流を活性化させる必要があります。

チャップアップの正しい使い方は、

  1. 洗髪後、髪の毛をドライヤーでしっかり乾かします。
  2. チャップアップを頭皮全体に塗布します。(2〜3プッシュごとに頭皮を揉んで馴染ませます)
  3. 1〜2分頭皮マッサージを行います。
  4. 最後に、ドライヤーで髪の毛を乾かして完了です。

という流れになっています。

つむじハゲの場合、重要なポイントは「3つ目のマッサージ」です。

頭頂部まで栄養を届けるために頭皮の血流をよくする必要があるので、「3分程度じっくりマッサージ」しましょう。

チャップアップを使用するのは、夜寝る前に1回でも構いませんが、つむじハゲの場合「頭皮マッサージは1日2回〜3回」すると効果的です。

>>公式サイトでCHAP UPを購入する

 

つむじハゲの原因がAGAの場合

AGA(男性型脱毛症)は、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが過剰に作られてしまうことが原因です。

DHTは、男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼという酵素」によって、より強い男性ホルモンに変化したものを言います。

5αリダクターゼ(酵素)+ テストステロン(男性ホルモン)= DHT(強力な男性ホルモン)です。

5αリダクターゼは「Ⅰ型」と「Ⅱ型」があり、Ⅱ型の方が強力なジヒドロテストステロンを生成すると言われています。

チャップアップには、AGAを改善するための成分は配合されていますが、劇的に改善することは難しいので、「プロペシア」「ザガーロ」といった医薬品を併用することがおすすめです。

 

プロペシア(PROPECIA)

医薬品プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)用の薬。

プロペシアを入手するには、医師の診断と処方箋が必要です。

プロペシアには、AGAに効果がある「フィナステリド」という成分が配合されています。

もともとフィナステリドは、前立腺肥大症や前立腺がんの薬として開発されたものですが、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きもあります。

ただ、フィナステリドは、「Ⅰ型の5αリダクターゼのみを抑制する働き」ですので、Ⅱ型の5αリダクターゼを抑制する「医薬品ザガーロ 」よりも効果が低いとも言われています。

 

ザガーロ (ZAGALLO)

医薬品ザガーロは、男性型脱毛症(AGA)治療薬。

ザガーロを入手する場合も、医師の診断と処方箋が必要です。

プロペシアと同様に、ザガーロも前立腺肥大症薬として知られています。

ザガーロに配合されている「デュタステリド」も、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きがあります。

デュタステリドは、「Ⅰ型5αリダクターゼ」と「Ⅱ型5αリダクターゼ」の両方を抑制する働きがあるので、フィナステリドよりも効果的とされています。

 

リアップなどの発毛剤を使う

薄毛の原因がAGAの場合、リアップなど「ミノキシジル配合」の発毛剤を使う方法もあります。

ミノキシジル(Minoxidil)は、もともと高血圧の薬として開発された成分」です。

血管を拡張させる効果があるので、血の巡りが良くなって血圧を下げるという仕組みになっています。

ミノキシジルは、毛根や収縮した血管の再生を促進して、髪の毛をつくる毛母細胞や毛乳頭細胞へ、たくさん栄養素や酸素を届けてくれます。

しかし、ミノキシジルには副作用のリスクがあります。

ミノキシジルは、血管を拡張させる働きがあるから、血圧に影響があったり、動悸が起きることも報告されています。

他にも、「頭皮のかゆみ」、「頭痛」、「眠気」、「体重増加」などの可能性もあると言われています。

 

チャップアップ、リアップ、AGA治療薬の併用は?

抜け毛や薄毛対策で悩んでいると、「色々な商品を併用したくなる」ものですよね。

  • 「リアップ」と「AGA治療薬」の併用は、認められていません。
  • 「チャップアップ」と「AGA治療薬」は、併用しても大丈夫です。

このように、併用して「良い場合」と「悪い場合」があるので、AGAを治療する場合は、「専門医に相談してから使用すること」をおすすめします。

 

まとめ(つむじハゲの原因と対策)

チャップアップが「つむじハゲ」に効果があるのか、詳しく解説してきました。

つむじハゲの原因が何であれ、チャップアップを使うことで頭皮の血流を良くし、抜け毛や薄毛を予防・改善が期待できるでしょう。

もし、つむじハゲの原因が、「AGA(男性型脱毛症)」や「遺伝」だとしても、チャップアップを使いながら「AGA治療」をする方が、進行を緩やかにしてくれます。

AGA治療薬(プロペシア、ザガーロなど)は、医師の処方が必要ですので、「受診する場合にチャップアップを使うこと」を伝え、正しい治療を受けるようにしましょう。

>>CHAP UP公式サイト

-chapup-チャップアップ, レビュー(口コミ)

© 2020 ハゲ茶瓶にならないための育毛生活。